鉄分のサプリメントにはヘム鉄と非ヘム鉄がある

ヘム鉄のサプリメントと、非ヘム鉄のサプリメントとでは、それぞれ性質が違います。
鉄は、人の体になくてはならない成分であり、鉄分が欠乏するとヘモグロビンが不足して重い貧血になります。
ヘモグロビンは血液に乗せて酸素を身体に運ぶという役割を持っており、鉄分が足りないと体が酸素不足になります。
鉄不足を補うには、ホウレンソウやあさり、レバーなどがお勧めですが、食事の支度の都合上、用意できない日もあります。
サプリメントは、食事から必要な栄養が確保できない時に役立ちます。
ヘム鉄か、非ヘム鉄かによって、鉄分サプリメントでも性質は異なっていますので、商品を吟味する時にはきちんとチェックしましょう。
ヘム鉄は身体への吸収率が高く、動物性食品に多い鉄分です。
一方、非ヘム鉄は、植物性食品から摂取することができます。
大抵の場合、安い鉄分サプリメントは、非ヘム鉄を用いたものです。
非ヘム鉄のサプリメントの場合、含有量が多いとしても、吸収効率があまりよくないという弱点があります。
鉄サプリメントを購入する時は、それがヘム鉄か、非ヘム鉄か、パッケージ裏などを見て確認しておきましょう。
また、ヘム鉄が使われているサプリメントでも、配合されている分量が極端に少ないこともあるので要注意です。
サプリメントでヘム鉄を積極的に摂取して貧血対策を行い、体の状態をよりよいものにしましょう。