会社に就職するのが仕事とは限らない

仕事を決める時、どこかの会社に就職する方法と、自営業など自分で事業を興して仕事をしていく方法もあります。
どちらが一概には良いとは言えませんし、個人の性格や仕事の目標などに合った方法を選ぶようにしたいものです。
専門職を選ぶ場合、最初は会社に就職して経験を積んだ後に独立するという方法もあります。
従来の日本では、一度就職したら定年までずっと同じ会社に勤務するのが、一般的な働き方だとされていました。
いまでは働き方は多様化しており、転職しながらキャリアアップする人も増えてきています。
また、働くことの何を重視するかが人によって異なっており、価値観が多様化しています。
とにかく安定性を重視する人や、多少のリスクがあっても自分がやりたい仕事を優先する人もいます。
中には人に使われるのが嫌で自分で事業を起こす人や、家業などを継ぐ人もいるでしょう。
長引く不景気によって、定年までずっと働くことのできる終身雇用制度を廃止する企業も増えてきています。
どのような道に進むにしても、メリットもデメリットもあるものです。
いまの日本では、高齢者になっても仕事を続ける人が増えています。
仕事選びは、今後の人生の方向性に大きな影響を与えるものですので、よく考えて働き口を探すようにすることが大事です。