ルテインの種類により吸収率が異なるサプリメント

ルテインは抗酸化力が高く、黄斑や水晶体など眼球の主要な部分で必要とされている栄養成分です。
ルテインは天然のサングラスという表現があるとおり、ブルーライトの作用から目をガードしてくれます。
黄斑変性症や、白内障など目の深刻な病気にならない作用が、ルテインにはあります。
多くの人がルテインサプリメントを利用している背景には、目を使う作業頻度が増えていることがあります。
かぼちゃ、にんじん、ほうれん草などには、ルテインが豊富に含まれています。
体が必要としているルテインを摂取する場合、たっぷりと野菜を食べなければいけません。
ルテインをサプリメントで得ておくことで、日々の食卓では不足している量を補充しておけます。
健康な目でいられるようにと、ルテインのサプリメントを推奨している目医者もいます。
ルテインエステルもしくは、フリー体ルテインという2種のルテインが、サプリメントでは定番です。
サプリメントで摂取した時に、精製されていないルテインエステルの場合、酵素で分解してしまうことがあるようです。
既に体の中にあるルテインと同じ状態になっているものがフリー体ルテインで、サプリメントに含まれている状態のまま吸収可能です。
サプリメントに含まれているルテインを効率的に体の中に取り入れたい場合は、フリー体ルテインのサプリメントが適しています。