サプリメントの通販サイトによる販売について

多くの方が利用しているといわれているサプリメントですが、販売するのに資格や許可が必要なのでしょうか。
実は個人でサプリメントを販売するために必要な資格などは存在していません。
そのため自ら取り扱ってみたい思えばインターネットの通販サイトを用いて容易に販売することが可能なのです。
これはサプリメントが食品というカテゴリーに位置するためです。
しかし、個人で販売する際に、どうしても商品説明などに効能を書いてしまうことがあるかと思います。
効能書きができるものは医薬品に限定されているため、食品に効能を書いたり、特定の疾患に効果がある書き方をすると薬事法違反です。
サプリメントを販売する場合には、どのような効果があるのかについて記載しないように注意しましょう。
また、海外製のサプリメントを扱う時には、必要な届出などは勿論、使用されている成分に注意する必要があります。
海外製のサプリメントの中には、日本では医薬品にのみ使用できる成分が含まれているケースもあります。
その場合、食品ではなく医薬品とみなされることになるので、許可なく販売することは出来ません。
医薬品では無い場合でも、海外の食品を輸入するには届出が必要となるので注意が必要です。
海外のサプリメントを個人で売る際には、許可が必要な場合もありますので、事前によく調べておきましょう。