コンビニの支払いはクレジットカードでスマートに

少し前まで、クレジットカードに対応しているコンビニは多くありませんでしたが、最近ではクレジットカードが使えるコンビニが増加してきています。
クレジットカードが使えないコンビニはごくわずかであり、カード払いが一般的という価値観に移行してきています。
頻繁にコンビニ行く人からすれば、クレジットカードが使えることはいいことです。
つまり、飲み物1本程度のお金でもクレジットカードを使用して、代金を支払えるということです。
特に小銭で支払うのが面倒だという人にとっては、小さいお金を持っておく必要がなくなるので、たいへん便利です。
便利なクレジットカード払いですが、カード払いができないものには気をつけましょう。
一般的な買い物をしているだけなら、決済額にかかわらずクレジットカード払いができます。
現金でしか支払いができないものは、公共料金の払い込みや、ギフトカードのチャージをしてもらうときです。
宅配便をコンビニから出す場合、クレジットカードで料金が支払えるところと、現金のみとなるところとがあります。
このようにコンビニでのクレジットカードの利用は、商品購入の時には1万円以下ならサインする必要もないので、急いでいる時などには役に立ちます。
クレジットカードがあればサッと買ってサッとお店から出られるので便利さが違います。
処理が早いだけでなく、利用金額に応じたポイントをためることができることもクレジットカードのいいところです。